おはようございます。
 アメリカではトランプ大統領令に基づき入国審査が強化されました。100人以上が拘束されまだ数十人が拘束中で、各地で反トランプデモが起きているそうです。何か不安になりますね。ただ、これはマスコミ報道での事、現地に行ったらそれほどでも無いかもしれません。1日にアメリカに入国する人は何人いるのでしょうか?今まで入国拒否された人はゼロで今回の大統領令でプラス100数十人になったのでしょうか?
 今回の講演会では出さなかった資料ですが、今までは世界の数十のマクロ指標を表にして、メディアが伝える世界情勢とこのマクロ指標を比べて、どこが違いどこが同じか確認してくださいと訴えて来ました。
 投資の原点は数字です。今週も出る様々な数字を冷静に考えましょう。環境問題や人種問題等公序良俗的足枷を解いた経済は一時的には活性化します。しかしそれは長続きしません。トランプ登場で終わりの始まりと言っているのはそのことです。ただ、困った事に終わりの終わりが来るのに年単位の時間がかかると言うことです。そしてそれまでが買い方投資家にとって一番美味しい所だと言うことです。
 こういう時こそ筋金入りの弱気論者に語ってもらおうと探したのですが、皆強気に転換していて筆者周辺に弱気論者が見当たらなくなっているのです。短期的には波乱要因です。有望個別株で対処しましょう。また紹介出来たら良いですね。

 本日の日経平均予想レンジ 19400円ー19550円。

今日の予定
日銀政策委・金融政策決定会合(31日まで)
1月のユーロ圏景況感指数(午後7時、欧州委)
休場=中国、台湾、香港、韓国、シンガポール、マレーシア、ベトナム(以上旧正月)