おはようございます。
 週明け6日のNY株。
 ダウは19.04ドル安の2万0052.42ドル、ナスダックは3.22ポイント安の5663.55ポイントと小反落。NYSE出来高は7億6987万株と閑散。
 主要企業決算や経済指標、新たなトランプ発言も無かった為小値動きな1日でした。株価は小動きでしたが金利、為替は動きました。
 フランス大統領選挙での最有力候補共和党のフィヨン元首相がスキャンダルに見舞われ、極右政党国民戦線(FN)のルペン党首が大統領選で勝利するとの懸念が高まっている為です。米国債は買われ、10年債利回りは2.415%に低下し、ドル円は111円台に入っています。

 日本株。
 最近のFRB高官のタカ派発言でしっかりしていたドルは、先週末の雇用統計で賃金上昇が緩慢だった為、今年の利上げ回数予想が3回から2回になったと言われています。3月15日利上げの可能性も高まっていたのですが、ロイター通信が一昨日プライマリーディーラー14社にアンケートしたところ、3月15日利上げの回答はゼロでした。政府高官の発言は引き続きタカ派的で、今まで年2回を唱えていたシカゴ連銀のエバンス総裁は逆に3回に上げています。来週のイエレン議長の議会証言次第では、金利、ドルが大きく動く可能性があるので注目です。
 今日の日本市場の与件は円ドル111円台で、投資家がどれ位嫌気するかで下値が決まります。オプションSQの火曜日、水曜日は荒れる傾向がありますので、余裕を持って対処したいところです。
 日経平均EPSがジワリ上昇しています。昨日の1204円は昨年8月15日以来です。出遅れ個別株の循環物色で良いと思います。

 本日の日経平均予想レンジ 18850円ー19000円。

 予定は
10年物価連動債(2月債)入札(午前10時半、結果は午後0時45分)
12月の景気動向指数(午後2時、内閣府)
11月の消費活動指数(午後2時、日銀)
1月末の全国銀行預金・貸出金(午後3時、全銀協)
上場=森トラスト・ホテルリート投資法人<3478>が東証REIT
決算=住友商<8053>、旭化成<3407>、JX<5020>、出光興産<5019>、旭硝子<5201>
豪中銀が金融政策発表(午後0時半)
12月の独鉱工業生産(午後4時、経済省)
10~12月期のインドGDP(午後9時)
12月の米貿易収支(午後10時半、商務省)
米レッドブック週間小売売上高(午後10時55分)
12月の米消費者信用残高(8日午前5時、FRB)
API米週間原油在庫(8日午前6時半)
決算=アーチャー・ダニエルズ、GM、ICEグループ、ペンスキー・オートモーティブ・グループ、ウォルト・ディズニー、ミュンヘン再保険、BP。