おはようございます。
 16日のNY株。
 ダウは7.91ドル高の2万0619.77ドル、ナスダックは4.54ポイント安の5814.90ポイントとマチマチの動き。NYSE出来高8億5314万株。ダウは6日連続で史上最高値を更新しましたが、ナスダックは8日ぶりの小反落となりました。
 朝方発表された住宅着工許可件数や2月のフィラデルフィア連銀の製造業景況指数が好調で株価はしっかりの展開でしたが、午後のトランプ大統領の会見で、入国制限に関する新たな大統領令を来週にも出す事が明らかにされ、前日終値を挟んでの揉み合いになりました。引き続き「驚くべき減税策」が下値を支えています。

 日本株。
 フリン大統領補佐官に続いて昨日はパズダー氏が労働長官指名を辞退すると言うことが伝えられ円が買われ株は売られました。例によってアメリカ株は反応薄でしたが、日本だけがトランプ人事に極端に神経質です。抜けそうで抜けない大発会の年初高値になっています。
 決算が終わり日経平均EPSの上伸もしばらくありませんので、材料不足は否めません。昨日発表の投資主体別売買動向では、外国人が再び買い越しに転じましたが、前週久しぶりに買い越しになった個人投資家が早くも売り越しに戻っています。リスクを取る気配がありません。やはりデフレ脱却がはっきりするまで個人投資家は動かないのでしょうか。
 しかし、投資家の一部は既に日経ジャスダックやマザーズ市場で動いています。東証1・2部市場を含めた小型成長株の人気は続くと思います。
 3237イントランスの動きがすごいですね。楽しんでいると思いますが、今年まだまだ楽しめると思います。安いところをまた狙ってください。6240ヤマシンフィルターが筆者の予想より強い動きをしていましたが、日興アセットの「低位株オープン」が買っていたのですね。(日証新聞の本日の記事から)もともとカバーしていた上「わが社は今が買い場です」と決算説明会で驚きの社長発言を聴いたので勧めていたのですが、その時日興アッセットのアナリストも出席していたのですね。
筆者の他の銘柄も買ってくれないかな(笑)

 本日の日経平均予想レンジ 19250円ー19350円。

 予定
SMBC日興証券の16~18年度経済見通し(正午)
野村証券の16~18年度経済見通し(午後0時半)
大和総研の日本経済予測(午後1時)
決算=ブリヂストン<5108>
決算=アリアンツ