おはようございます。
 23日のNY株。
 ダウは34.72ドル高の2万0810.32ドル、ナスダック25.12ポイント安の5835.51ポイント。ダウはトランプ大統領の税制改革への期待感が続き10営業日連続で史上最高値を更新して極めて強い動きですが、ナスダックは続落してはっきりしない格好です。

 日本株。
 原油先物は堅調ですが、為替が112円台半ばの円高気味で、今日も低調な相場が予想されます。材料不足でコメンテーター泣かせの相場が続いていますが、この様な時には個別株物色が活発化します。昨日書いた様に①増益・割安株②テーマ・材料株③成長期待株から選んでいけば良いわけですが、不安がある投資家は安全性を優先して①にすると思われます。昨日の投資道場では、その辺を考慮して高配当利回り株の中で連続増収増益銘柄を見て見ましたが、ほとんどの銘柄が既にジリ高になっています。(9028ゼロ、9445フォーバルTL、9957バイテックHD等)
ジリ高になっていてもまだ3284フージャーズ(3.86%)、8869明和地所(4.12%)、9788ナック(3.81%)等には割安感があります。

 本日の日経平均予想レンジ 19250円ー19350円。

 予定
2月上旬の貿易統計(午前8時50分、財務省)
プレミアムフライデー開始
1月の米新築住宅販売(25日午前0時、商務省)
2月の米ミシガン大消費者景況感指数確定値(25日午前0時)
決算=RBS