おはようございます。
 G20財務相・中央銀行総裁会議が終わりましたが、保護主義は警戒されるものの想定外の事は起こりませんでした。
今週はイエレン議長の講演等、引き続き米金利動向が注目されます。早くも次の利上げ時期はいつかが気になりはじめました。FOMC結果発表日を見ますと、5月3日、7月16日、9月20日、11月1日、12月13日となっています。あと2回のその日がいつになるか、これからの米景気指標に振り回されることになります。そしてそれは当然ドル円レートに反映されますので日本株も翻弄されます。
 あと3回説が消えてしまった訳ではありません。今回のFOMC直前16日の景気指標は、「2月住宅着工件数一戸建ては9年半ぶり高水準。失業保険申請24.1万件に減少、労働市場一段と引き締まる。フィラデルフィア連銀新規受注指数3月は30年ぶり高水準。」などとなっています。
 日本の方は文字通り景気のいい話は出て来ません。なかなか変化しない現状にじれているところです。4月以降の企業好決算が待たれます。

週後半の予定
【22日(水)】
2月の貿易統計(午前8時50分、財務省)
1月30・31日の金融政策決定会合議事要旨(午前8時50分、日銀)
20日現在の日銀営業毎旬報告(午前10時)
1月の全産業活動指数(午前1時半、経産省)
2月の民生用電子機器国内出荷(午後2時、JEITA)
上場=マクロミル<3978>が東証▽エスキュービズム<3982>がマザーズ▽フルテック<6546>が東証2部
ECB定例理事会(金融政策発表・記者会見なし)
2月の米中古住宅販売(午後11時、NAR)
EIA週間原油在庫(午後11時半)
【23日(木)】
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
イエレンFRB議長講演(午後9時45分、ワシントン)
2月の米新築住宅販売(午後11時、商務省)
ECB拡大理事会
【24日(金)】
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
1月の景気動向指数改定値(午後2時、内閣府)
上場=オロ<3983>、ソレイジア・ファーマ<4597>がマザーズ
3月のユーロ圏PMI(午後6時、英マークイット)
ロシア中銀が金融政策発表(午後7時半)
2月の米耐久財受注(午後9時半、商務省)

スポンサーサイト